GO-Globalとは

HOME > GO-Globalとは

システム概要 System Outline

システム概要

GO-Globalはサーバ・ベース・コンピューティング(SBC)といわれる、アプリケーション及びデータをすべてサーバ側で実行し、それを各クライアント端末に配信する技術を使用したミドルウェアです。

クライアントにはアプリケーション・データを残しませんので、社内だけでなく社外からの利用も安全に行うことが可能となり、また各クライアント端末にインストールしていたアプリケーションやソフトウェアを1台のサーバーにて管理するため、端末PCのバージョン管理やアップデート作業が必要なくなりますので、「端末管理・運用の効率化」「セキュリティ強化」を実現します。

利用可能なクライアントOSはWindowsだけでなくMac OS、iOS、Android等幅広く対応しており、また、どのOSからも同じように利用できます。

さらにアプリケーション自体をサーバー側で処理しているため、クライアント端末は低スペックのものや古いPCからもストレス無く利用が可能です。

GO-Global製品の特徴 Feature Of Product

軽くて速い

従来の画面転送方式では、サーバー上で描画された画面を検出し、一定の間隔で画面の差分(分割されたビットマップ)をクライアントへ転送し画面を再現しております。

これは、圧縮した画像データ(ビットマップ)の為、多くのネットワーク帯域が必要となります。また、アプリケーションが本来描画した順序とは無関係にクライアントの画面を再現することがあり、忠実な画面の再現ができません。

GO-Globalは独自技術(API Wrapping方式)を実装しております。

こちらは、サーバー上でアプリケーションが描画した命令(API)をそのままクライアントへ転送し、クライアントはその命令内容に従って忠実に描画を再現しております。

描画命令のため転送量が少なく、多くのネットワーク帯域を必要としません。またアプリケーションの意図した描画を忠実に再現することが可能です。


旧システムの有効活用

安定して稼働している旧来のクライアント・サーバ型システムやWindowsアプリケーションにおいては対応するクライアントOSやソフトウェアのバージョンに制限があり、新たなクライアントOSを導入する際にはそれに合わせて、非常に多くのコストが掛かりました。

GO-Globalでは、サーバーさえ従来のシステムやアプリケーションに対応していればよいので、クライアントOSに影響されることがありません。

また、簡単にプライベートクラウド化が

  • 非常に少ないコストで
  • システム、アプリケーションの改修をおこなわないで
  • シンプルな構成で
  • 維持管理を簡単に

実現可能となっております。


トータルリスクの低減

急なクライアント端末の故障時でも、別のクライアント端末からすぐに作業を継続可能です。
また、データ損失はビジネスを継続する上で致命的なリスクとなってきます。これもデータ・コンテンツはサーバー上に保持・管理しておりますので、故障時のリスクが無く安全に運用可能となります。

動作環境 System Requirements

サーバー
(メモリOS推奨値以上)
WindowsServer2003 Standard / Enterprise Edition 
※Service Pack1 または Service Pack2 の適用が必須
WindowsServer2003 R2 Standard / Enterprise Edition
WindowsServer2008 Standard / Enterprise Edition 
※Service Pack1 または Service Pack2 の適用が必須
クライアント Windows Windows7
WindowsVista
WindowsXP
Windows2000
Windows98
WindowsServer2003
WindowsNT4.0
など専用クライアント
WindowsCE WindowsCE4.2 以上
WindowsCE4
WindowsCE5
Linux Red Hat Linux 9
Red Hat Enterprise Linux WS 3
Turbolinux Desktop 10 など
Mac OS Mac OS X 10.3 および 10.4
スマートフォン・タブレット Android 3.0以上
iOS 5.0以上

GO-Globalの効果について
どう使ったらいいんだろう? そんな疑問をもたれた方は、まずこちらをご利用ください。 資料請求 お申し込みはこちら